トマトは夏だけじゃない。フルーツトマトは冬から春にかけてが旬です。

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日から12月。

午前中にいつもトマトたちや私たちを見守ってくれている近くの神社におついたち参りをしてきました。

農家になってみて、自然や地域、多くの様々な存在に支えられているんだなぁと実感しています。

 

トマトと言えば夏のイメージですよね。
けれど、私たちが育てているフルーツトマトは、12月頃から収穫が始まり6月頃まで続きます

私たちのトマトハウスでも、先月半ばから少しずつトマトたちが赤く色づきはじめました。
その頃はまだ量も少なく、他の作業の合間にちょこちょこ収穫していましたが、数日前からどんどん色づいたトマトの量が増えてきました。


小さいものから大きいものまでたくさんのトマトが赤く色づいてきました


1日の収穫量が10コンテナ(1コンテナ約10㎏)が以上になります

それにしても、やっぱりトマトの赤い色って見てると元気が出てきます。
トマトがまだ小さな苗の頃から毎日トマトと触れ合っている私たちでも、トマトハウスの中で赤いトマトを見るとテンションが上がるんです。

そして、この時期からトマトハウスの中は甘い香りに満ちています。
赤い色のトマトを見て、甘いトマトの香りを嗅ぐと、「今年もこの季節がやって来たんだなぁ」としみじみします。

赤く色づいたトマトたちから元気をもらったら、そのトマトたちがますます元気にすくすく育つようにお世話するのは私たちの仕事。

今シーズンのトマトたちも多くのお客さまに喜んでもらえるようにがんばります!!

織田トマト

夫はドラマー、妻は元化粧品会社勤務の農業ど素人夫婦が高知に移住し、トマト農家になりました。
高知の山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。
私たちの合言葉は「愛、無限大」。
自分を愛で満たし、自分の中にある無限の素晴らしい可能性に気づき、自分らしい輝く未来を謳歌されること
織田トマトを召し上がるみなさまがそんな人生を歩まれることをトマトを通して応援する応援団として、夫婦ふたりチカラをあわせています。

織田トマトの日々
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました