高知の夏!よさこいが3年ぶりに開催されました

織田トマトの日々

夏の地域を盛り上げるもの

それはいくつかありますが
その中でもやはり祭りは日本の
夏には欠かせないものですね。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

山笠やねぶた祭りに阿波踊り

コロナ禍で開催見送りになってきた
全国各地の祭りが今年は久しぶりに
開催が決まり地元を盛り上げていますね。

 

私が暮らす高知でもこの時期は
めちゃくちゃ盛り上がるお祭りがあります。

 

それは

「よさこい」

 

 

そのよさこいも昨日と本日の
2日間に渡って3年ぶりに
開催されました。

 

実は私も3年ぶりのよさこいを
ものすごく楽しみにしていて
早々と観覧席のチケットを購入
していたんですが

長引く体調不良のために泣く泣く
観覧は諦めました。。。

 

その分

夫が今回は東京からの知人が
高知に来るのを出迎えるため
よさこいを見に行ってましたが

とにかく久しぶりのよさこいで
高知市内はとっても賑わっていたようです。

 

私が高知のよさこいを初めて見たのは
移住した年だったんですが

市内の中心部で爆音を鳴らす
他に類を見ない祭りの姿に
めちゃくちゃ驚いた記憶があります。

 

これは

今回、東京から来られた夫の知人も
ものすごく驚かれていたようで

「高知のカオスっぷりがすごい」

と話していたんだとか。

 

実は

よさこいは踊り子たちの踊りの
演技による各チームの競い合い
もあるんですが

踊り子以外にも音響資材を積んだ
地方車(じかたしゃ)の競い合い
も繰り広げられているんですよ。

 


画像は『よさこい祭り公式web site』から引用

 

それは

どれだけ爆音を出せるかっていう
競い合いでして

県外の方がよさこいを見て
高知の無法地帯っぷりに唸るのは
そういうところが関係しているんですね。

 

他にも

よさこいの裏側で面白いなぁ
と感じているのは
各チームのスタッフの方々の手腕。

 

実は

踊り子たちが多くの演舞場で
踊れるためには
それらを誘導するスタッフの方々の
役割がめちゃくちゃ大きいからです。

 

というのも

よさこいでは各チーム同じ数だけ
演舞できるわけではありません。

 

だからこそ

各演舞場の状況をリアルタイムに
把握して
どの演舞場にいつ行くかを考え

踊り子の待ち時間をなるべく減らし
踊る機会をできるだけ作る

っていうのがスタッフさんの
ひとつの役割なんですよね。

 

 

スタッフさんの役割は他にも

踊り子たちの健康管理だとか
水分補給のタイミングだとか
多岐にわたりまして

縁の下の力持ちとして各チームの
素晴らしい踊りを支えているんです。

 

私も実際に踊った時のことを
今思い返しても

スタッフさんたちのものすごい
献身や働きがあって
あれだけの演舞場での踊りを
やりきることができた

と感じています。

 

だから、よさこいは

踊り子の姿をはじめ地方車や
各チームのスタッフさんたちの動き
各演舞場の特色などなど

いろんな視点で何度も楽しめる
お祭りなんですよね。

 

まだ高知のよさこいを直に体験
されたことが無い方も
何度か来られたことがある方も

また来年以降のよさこいを
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました