お客さまのお悩みを解決するために常識を捨てよう

未分類
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

夏場にはトマトハウスで冷たいルイボスティーを飲んでいますが、

冬はあったかいルイボスティーを飲んでいます。

通年通して農作業の水分補給はルイボスティーにお世話になっています。

先日、これまで使っていた洗濯洗剤を使い切りました。

今まで我が家で使っていた洗剤は、キャップ式のもの。

使う時には、キャップを外し、その時の洗濯の水量に合わせた量をキャップで計って洗濯機の洗剤投入口に入れるというものです。

ドラッグストアに詰め替え用を買いに行く時、その道中の車の中で「そう言えば、CMでやってるレバー式の洗濯洗剤ってどうなんだろう?」という話題になりました。

夫は以前からその洗濯洗剤に興味津々。

これまで使ってきた本体ももう長く使い続けていたので、ここらあたりで一新することにしました。

ということで、購入したのが『アタックZERO』。

『アタックZERO』のワンハンドプッシュボトルを初めて使った夫は、その使い勝手の良さに感激!!

我が家の洗濯機は、洗濯機置き場が家の中に無く、外に置いてあります。

洗濯する際に、洗剤と柔軟剤を持って洗濯機の場所に行った時に、これまでの計量キャップだと両手が塞がれてしまう為、柔軟剤を地面に置く必要がありました。

また、夜に洗濯する時には、計量の目盛りが見にくく、困ることがありました。

けれど、この『アタックZERO』は、片手でプッシュするだけで洗剤を計量できるので、ものすごく便利!しかもレバーを引くだけの簡単さと手軽さです。

計量も、水量に合わせて1プッシュとか2プッシュとか調整できるので、本当に使いやすい。

それにしても、このボトルを思いついた花王のみなさまの柔軟な発想力に私は大きな感動を覚えました

洗濯洗剤と言えばキャップで計量するのが当たり前。

これまでいろんなメーカーからいろんな洗濯洗剤が発売され、各メーカーがそれぞれのブランドイメージを凝らしたパッケージデザインをされていました。

けれど、「キャップで計量する」という部分については、変わることがありませんでした

だけど、誰しもが

「あ!入れすぎちゃった。もっと簡単に計量できたらいいのになぁ」

「目盛りが見にくいなぁ。もっと分かりやすくならないかなぁ」

「計量すると両手が塞がってしまうから、なんとかならないかなぁ」

ってことを一度や二度思ったことがあるはずです。

お客さまのそんな「○○だったらいいのになぁ」という声にならない気持ちを拾い上げて、これまでの常識にとらわれない斬新なアイデアでお悩みを鮮やかに解決してしまう

そこにめちゃくちゃ感動してしまったんです。

私たちもつい、自分達が当たり前だと思うものの中だけで、物を見て考え、判断してしまう癖があるなぁと感じる時があります。

けれど、お客さまが何に喜び、何に困っているのかということを見過ごすことなく丁寧に見つめ、それを解決するためにとことん頭や心を柔軟にして取り組んでいく。

その大切さを私たちに教えてくれた日常の一コマでした。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

未分類
愛∞無限大|織田トマト