ピンチの時こそ笑おう。笑顔は最も簡単で最強のメンタルケア

織田トマトの日々

連日オリンピックの
熱戦が繰り広げられていますね。

私もLIVEや録画放送で

日本選手の
みなさんはもちろん

世界各国から
来日された選手たちの
姿を目にしては

感動と元気を
もらっています。

そして

アスリートの
みなさんの姿を
見ていて

特に感じるのが

メンタル

の大切さです。

今日はそんなことに
ついて書いていきます。

 

高知県にあるお酒と歴史の町・佐川町で
【愛、無限大】をテーマに

大空と大地のエネルギーを
トマトを通してあなたに繋ぎ
輝く人生を応援する

「運気が上がるトマト」
織田トマトの織田茜です!

 

今日もテレビの前で
番組表とにらめっこしながら

「どの競技を観ようか」

と頭を悩ませてました。

そんな中
観た競技のひとつが

卓球混合ダブルス決勝

です。

卓球・卓球混合ダブルスの結果 - 東京オリンピック・パラリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

この熱戦の中で
プレー内容はもちろん
なんですが

特に私が釘付けに
なったのが

伊藤美誠選手の

「笑顔」

でした。

オリンピック on Twitter: "#卓球 混合ダブルス、水谷隼選手と伊藤美誠選手ペアは初戦を4-1の勝利で飾り、準々決勝に進出😆👏 @Mizutani__Jun @MSLpN5xiejmc2Ho #Tokyo2020 #オリンピック… "

これまでの
オリンピックで

一度も金を
獲ったことがない日本。

その日本にとって
はじめての金
になるかもしれない。

決勝戦では
そんなプレッシャーが
当然あったと思います。

 

けれど

試合の要所要所で

特にピンチを
感じる時こそ

伊藤選手には

笑顔がたくさん
見られました。

 

その笑顔を見て
思い出したのが

先日行った
和田裕美さんの
講演の内容です。

講演では

陽転思考

についてのお話を
伺いました。

 

私は和田さんの
陽転思考のお話は

何度か伺ってますし
それに関する
著書も

何度も
読んでいるんですが

何度聞いても
学びがあるんですね。

 

その陽転思考で
出てくる話のひとつに

笑顔5秒キープ

というものが
あります。

 

これは
和田さんが

英会話販売の
仕事に就いて
間もない頃

高圧的な態度を取る
お客さまが苦手で

なんとか自分の
気持ちを上げるために

取り入れたもの
だそうです。

 

やり方はとにかく
簡単で

「こんにちは」

って挨拶したら

5秒間笑顔をキープ
するだけ!!

 

それだけで
高圧的な人を
目の前にして

折れそうな心を
折れることなく

なんなら
自信を持って
相対することができる

そんな方法なんです。

 

これって
誰でもできるし

簡単すぎるので
過小評価しがちなんですが

実際にやってみると

メンタルへの
アプローチとして

ものすごく的を得ている

ということを
実感するんです。

 

そして

実は

メンタルが
弱っている時

直にメンタルに
アプローチするよりも

體を通して
アプローチする

方が効果的だったり
するんですよね。

 

というのも

弱った状態の
メンタルでは

なかなかそれを
受けとめきれない
ことがあるんです。

 

心と體って
密接に繋がっていて

心の状態が
體に影響を与えるのと
同じように

體の状態が
心に影響を与えます。

そう

お互いに影響し合って
いるんです。

 

人は楽しいから
笑うんじゃない。

笑っているから
楽しくなるんだ。

 

って聞いたことが
ありませんか?

これは

アメリカの哲学者である
ウィリアム・ジェームズ
の名言なんですが

まさしくその通りで

笑う

という時の
筋肉の動きが

脳に

「私は今楽しい」

という信号を
送ることで

楽しさや
心身のリラックス

などを
感じられる

と言われています。

 

だからこそ

ピンチの時こそ
笑う

 

もちろん

笑うことすら
できなくなる

生きていたら
そんなこともあります。

弱ったメンタル
をひとりでは
どうしようもできない時

そんな時は

専門家の力を借り
相談しながら

解決していく必要が
ある場合もあります。

 

けれど

その状態よりも
だいぶ手前の状態
だったら

ちょっとしんどい時

不安や焦りが
湧いてきた時

笑顔を作ってみる。

 

そうすると

笑顔を作った
自分はもちろん

目の前にいる
相手も
嬉しくなる。

気持ちも
いつの間にか

落ち着きを
取り戻して

自信を持って
接することができ

印象だってよくなる。

 

たかが笑顔

だけど

笑顔の力
ってすごい!!

 

仕事でも
プライベートでも

ここぞという
時にこそ

この笑顔の力を
味方にして

波に乗って
いきたいですね。

 

高知からまごころこめて。

織田トマト

夫はドラマー、妻は元化粧品会社勤務の農業ど素人夫婦が高知に移住し、トマト農家になりました。
高知の山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。
私たちの合言葉は「愛、無限大」。
自分を愛で満たし、自分の中にある無限の素晴らしい可能性に気づき、自分らしい輝く未来を謳歌されること
織田トマトを召し上がるみなさまがそんな人生を歩まれることをトマトを通して応援する応援団として、夫婦ふたりチカラをあわせています。

織田トマトの日々
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました