冬こそトマトの出番

織田トマトの日々

昔はよく三大疾病とか
四大疾病って言葉を耳にしましたが

今では五大疾病と言われています。

何が加わって五大疾病になったのか?

それは

精神的な病。

それだけ現代は

心のことで悩む方が多くいる
のが現状なんです。

そして

その心の状態はあるものと
密接に繋がっている。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

 

旬のものを食べる

 

その季節に合ったものを
しっかり食べることで

その時期のからだや心を整える

 

これは全くもってその通りだし
私も旬は大事だと思っています。

 

じゃあ

トマトって言うとみなさん
どうですか?

 

 

トマトと言えば旬は夏だと
思われている方が多い野菜ですが
実は暑すぎるのは苦手。

 

そして

寒すぎるのも苦手なんです。

 

だから

春から初夏、そして秋が
最も味わいとしてはおいしく
旬の時期だと言われています。

 

そうなると

 

じゃあ冬はどうなの?

って思いませんか??

 

冬のトマトは太陽のエネルギーを
しっかり蓄えながら

ゆっくりじっくり時間をかけて
育っていくのが特徴。

 

だから

夏のトマトのような
派手さはないけれど

内に秘めた情熱がじわじわと
口やからだの中に広がる

そんな味わいなんです。

 

そして、私は

 

冬こそトマトの出番
なんじゃないか!?

 

って最近思うんですよ。

 

というのは

冬って当たり前だけど
日射量や日照時間が
最も少ない季節なんです。

 

 


グラフはこちらから引用。仙台の日射量のグラフですが、数値は違えどグラフの高低はおおむね日本各地ほぼ同じです

 

 

そして

この日射量や日照時間と
心やからだって
密接に結びついてるんですね。

 

例えば

日射量や日照時間が少なくなる
秋から冬にかけて気分が落ち込み

春先になってようやく
気持ちが明るくなってくる

 

そんな風に季節が感情に関係する
感情障害だってあります。

 

でも

冬だからって仕事も行くし

生活パターンが季節によって
大きく変えられるわけじゃない
人の方が圧倒的多数ですよね。

 

そんな冬の時期こそ

あなたの心とからだに
真っ赤な太陽のようなトマトで
エネルギーを満タンにする

 

冬のあなたの心とからだが
元気に満ち

パワフルに自分のやりたいこと
をやって楽しんだら

いつしか季節は春になる。

 

そして

春から夏は太陽の応援
をしっかり受け

秋はその余力を活かして
また冬を迎える。

 

 

また冬になったらいつだって
トマトを通してあなたの
心とからだに太陽の光を灯します。

 

だから

これから迎える冬こそ
トマトでいつも心とからだに
太陽を持っていてくださいね。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました