野菜で自然のエネルギーを体内に取り込む

織田トマトの日々

あなたが野菜を食べるのは
何のためですか?

お腹を満たすため?

それとも

栄養を摂るため?

どれも大切なことだけど
私が思う野菜の最大の目的。

今日はそれについて
書いていきます。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

今日読んだ奥平亜美衣さんの記事に
書いてあったことで大きく
共感したことがありました。

 

それは

からだに必要な栄養はサプリで摂って
食事はエネルギー源であり、楽しみ

だということ。

 

最近の健康法、食事法|奥平 亜美衣 Amy Okudaira|note
最近、こちらの本を参考に、 心と体を強くする! メガビタミン健康法 (藤川徳美先生シリーズ第三弾) 心と体を強くする! メガビタミン健康法 (藤川徳美先生シリーズ第三弾) amzn.to 1,430円 (2022年06月04日 08:39時点 詳しくはこちら) Amaz...

 

実は

私もからだに必要な栄養を
全て食事でまかなうのは難しい
と感じるようになって。

 

だから

結婚すると同時に止めていた
サプリメントの摂取を
昨年から再開しました。

 

ところで

昨日のブログで何故私が
リアルな場が好きなのかという
理由について

良質なエネルギーを味わうため
と書きましたが

 

オンラインもいいけどリアルだから味わえることがある
知識を得たり知るだけなら オンラインでも十分かもしれない。 でも オンラインが発達した今 それでもリアル...

 

農家である私自身が思っている
「野菜」の最大の目的こそ

 

良質なエネルギーを
体内に取り入れること

 

なんです。

 

 

 

エネルギーってそもそも「気」
なんですよね。

 

そして

気は生命の源であり
私たち人間にとって
必要なものです。

 

中でも特に野菜は
太陽や大地のエネルギーを
たっぷり浴びて育っていますから

とにかく良質な気に満ちた
パワーフードそのもの。

 

だからこそ

栄養を摂るという意識で
召し上がっていただくのは
もちろんですが

 

それ以上に

良質な自然のエネルギーを
体内に摂り入れることこそが
野菜を食べる醍醐味

だと私は思っています。

 

 

そういうわけで

私たちはトマトたちが育つ過程で
どれだけ良質なエネルギーに
満ちたトマトに育つか

ということをものすごく意識
しております。

 

そして

人の手が全く加わっていない
野生の野菜ではなく
人の手が加わって育つ野菜
だからこそできることをしたい。

 

そう思って

トマトたちには日々
「ありがとう」「愛してる」
という愛の言葉をかけ続けているんです。

 

 

でね

大空と大地のエネルギーを
たっぷり纏った野菜のパワーは
食べるだけでも体内が良質な
エネルギーで満ちるんですが

よりそのパワーを実感できる
食べ方があるんです。

 

それは

冒頭にも出てきましたが

とにかく楽しむっていうこと

 

 

 

 

食材や料理やその場を楽しみ
笑顔で味わう。

 

だってね

そもそも食べること自体が
愛そのものの行為だから。

 

 

 

自分を愛するから
毎日食べて命を繋ぐし

大切に思う相手のために
想いを込めて料理を作る

 

そんな日々の暮らしの中にある
愛を感じ自らを満たす

 

野菜がそのお役に少しでも立てたら
農家としてとても嬉しいです。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
高知県立高知東高等学校卒 

2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導にも従事

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました