人間関係はバランスで成り立っている

夫婦のこと

人は人間関係において

無意識にバランスを
取っている。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

ネットを見ていたら
秋のトレンドについての
記事を見つけました。

 

これからの秋のトレンド

それは

カラフルな
ファンシーストライプ

だそうです。

 


こちらより引用

 

ところで

この記事を目にして

私は頭に「?」が
浮かんだんですよね。

 

それはなぜか?

 

だって

ストライプって言えば
縦シマじゃないの?

って思ったからです。

 


↑こういうのを「ストライプ」だと思ってた私

 

記事の写真は
私からすると

ストライプではなく

ボーダー
なんですよね。

 

で、調べてみると

 

なんと

縦も横も斜めも

シマシマは全て
「ストライプ」
なんだそうです!!

 

「ストライプ」と「ボーダー」の違いとは?ボーダーは横縞ではない? – スッキリ

 

知らなかったぁーーーー!!

 

ちなみに

横シマを「ボーダー」
と言うのは

日本だけなんだとか。

 

ところで

私は大の縦シマ好き。

 

高知に移住する前の
会社員時代はもちろん

高知に移住した今でも
シャツは縦シマだらけです(笑)

 


2015年に新潟県村上市にあるお菓子屋さん『HAPPY SUGAR』さんを訪れた時。この時も縦シマのシャツです

 

そして

それは単なる服の好み
かと思いきや

実はそうではないんですよ。

 

それについて知ったのは
とあるセミナーに参加した時。

ここで話されていたこと
のひとつが

陰陽」の話でした。

 

 

陰陽は中国にある
思想のひとつで

全てのものに
陰性、陽性という性質がある

というものです。

 

例えば

男性は陽
女性は陰

と言われます。

 

ところで

陰陽の話をすると

陰は「暗い」とか「悪い」という
イメージを持たれがちですが

それは違いますよー。

 

どっちが良い悪いもない

あくまでそういう性質
だということです。

 

この陰と陽の
バランスによって

世の中はすべて
成り立っているんですね。

 

そう考えると

なぜ私が

縦シマのシャツを
よく好んで着るのか?

が説明できるんです!

 

というのも

私個人としては
陽の性質が強いんです。

 

そういうタイプは
陰の性質である

縦シマのものを
身に付けることによって

無意識に陽の気質を
中和しているんですね。

 

そして

これは

さまざまな人間関係においても
言えることなんです。

 

だからもちろん

「夫婦関係」においても
ズバリ当てはまります

 

 

そして

陰と陽は

互いに惹かれ合う
性質を持ってるんです。

 

例えば

私たち夫婦においては

妻の私の方が

行動的であり
話も大好きだし
情熱的です。

 

一方

夫は

あまりあちこち
行きたがらないし

口数も多くなく

感情の上がり下がりが
ほぼありません。

 

それが夫の素晴らしさ
だということは

私も十分に分かっています。

 

ただ、時々

盛り上がる私に対して

そこまではしゃぐことのない
夫の態度に

「ちょっと物足りないなぁ」

なんて思うことが
たまーにあるんですよ(^^;)

 

でも

陰陽の考え方を知り

この私にして
この夫ありなんだ

とものすごく納得したんですよね。

 


この写真でも私はもちろん縦シマです(笑)

多分

夫婦ともに
私みたいな性質だったら

ふたりともが話したいのに
聴く人がいないから
悶々としちゃうでしょうし💦

 

だからもし

あなたも

パートナーやご家族
職場関係において

もっとあの人が
○○だったらいいのに

と思っていたとしたら

 

実はそれは

あなたの気質と
バランスを取るために
そうなっている

という見方で見てみると

いろんな発見が
あるかもしれません。

 

あなたと大切な方々の関係が
より心地いいもので
ありますように。

 

高知からまごころこめて。

織田トマト

夫はドラマー、妻は元化粧品会社勤務の農業ど素人夫婦が高知に移住し、トマト農家になりました。
高知の山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。
私たちの合言葉は「愛、無限大」。
自分を愛で満たし、自分の中にある無限の素晴らしい可能性に気づき、自分らしい輝く未来を謳歌されること
織田トマトを召し上がるみなさまがそんな人生を歩まれることをトマトを通して応援する応援団として、夫婦ふたりチカラをあわせています。

夫婦のこと
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました