私たちらしい子なし夫婦の生き方

夫婦のこと

人は生きている間に
人からいろんなものを
もらって生きている。

子どもがいない私に
ある人がくれたプレゼント。

それが今日までの私を
励ましてくれた。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

この季節になると
華やぐのが街や
お店のディスプレイ。

ツリーをはじめ
ライティングなどが
クリスマス仕様になって

それを見てるとワクワクします。

 

表参道ヒルズが2年ぶりのクリスマスイルミネーション実施、「ご褒美パフェ」の提供も
華やかなクリスマスが帰ってくる (2021/11/09) 表参道ヒルズでは、11月11日(木)~12月25日(土)の間、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2021」と題したクリスマスプロモーションを実施。サステナブルなクリスマスイルミネーションや、自分や大切な人への“ご褒...

 

子どもの頃は
私もサンタさんから

いろんなプレゼントを
もらいましたが

大人になってからも
いろいろもらうことが多いんです。

 

特に初対面の方から(笑)

 

これまでも

雨が突然降ってきて
通りすがりの方から

「傘を買いすぎた」
とビニール傘をもらったり

講演会場で言葉を交わした方から
「お土産を買いすぎた」
と広島土産をもらったり。

 

 

 

そんな初対面の方から
もらったものの中で

その時からずっと私の大切な
宝物になったものがあります。

 

それをくれた方との出会いは
高知に向かう特急列車の中。

 

その方は列車の中で
近くにいた私に

「駅弁を買いすぎたから」
とお弁当をくれたんです。

 

それをきっかけに

目的地に着くまで
いろんな話をしました。

 

 

 

 

そして

「子どもの話」

になったんですね。

 

当時の私には子どもはおらず
これまでの経緯を
その方に話しました。

 

夫と出会う前から婦人科に
通院していたこと。

そこで私は妊娠しにくい体質
だと分かったこと。

夫が子どもが
とても好きな人だったから
結婚することに躊躇したこと。

 

そんな私には往々にして

 

今は高齢出産のケースは
どんどん増えてるし大丈夫だよ。
がんばって!!

 

 

 

とか

 

やっぱり子どもは
産んだ方がいいよ。

 

後から後悔しても

遅いんだから

 

もっとちゃんと
考えた方がいいよ!!

 

 

っていう至極当然な言葉が
これまでだったら
返ってきていました。

 

だけど

その日出会った初対面の方は
これまで私が誰にも

言われたことがない言葉
をかけてくれたんです。

 

それは

 

子どもってね

 

親がこの世のことを勉強し
成長するために
やってきてくれるんだよ。

 

だから

 

子どもがいない

あなたたちふたりは

 

夫婦ふたりでお互いに

学び合い成長し合える

 

ってことなんだろうね

 

 

そんな風に言って
くれた方は初めてで

私は心がとても軽くなったんですね。

 

それからは

夫婦で切磋琢磨して生きてきました。

 

そして今

そろそろ夫婦ふたりだけで
生きていくと決める時期に
差し掛かっています。

 

とは言っても

私たちには人間の子ども
はいないけど

人を體の中から元気にする
そんな子どもたちに囲まれて
日々楽しく夫婦で暮らしています。

 

 

夫婦も家族もその数だけ
それぞれのカタチがある

 

私はそのことを
駅弁をくれた女性から
気づかせてもらい

その言葉によって
私たちらしい生き方を
応援し続けてもらいました。

 

だから

今度は私からあなたに
この言葉を贈ります。

 

 

最後に

駅弁とその言葉をくれたあの方に
ありったけの感謝をこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました