カレーの酸味と旨みにはトマトです!

織田トマト料理

今や日本人の国民食と言われる
食べ物と言えば

そう!「カレー」です。

カレーも今ではいろんな
バリエーションが楽しめますが

私がおすすめしたいのは
トマトを使うこと!

もしも今まで使ったことが無ければ
ぜひ試してみてほしい。

そんなことを書きました。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

昨日インド映画『パッドマン』
を取り上げたけれど

 

ひとりを救うことが多くを救う
目の前のたった ひとりを救いたい。 その想いに従ってただただ ひたすらに行動していたら いつしか世界中の...

 

インドは世界でもトマトの
一大生産国でもあり

2019年のデータでは
1位の中国に続いて
2位に名を連ねているんです。

 

【世界】トマトの産地・生産量ランキング
トマトの生産量、世界一は中国です。2位以降の順位とシェア・推移も、表とグラフで掲載。※データ詳細(最終更新日2021年01月01日):【国別】2019年産

 

しかも

今やインドの食卓は
トマトなしには成り立たない

とまで言われています。

 

特にインドカレーにおいては
トマトは欠かせないアイテムで

あのインドカレー特有の
絶妙な「酸味」に貢献しているのが
トマトなんですね。

 


東京・神保町にある『マンダラ』。トマトの爽やかな酸味が味わえるチキンバターは大人気

 

私もオンラインで
インド哲学を受講していた時に
講師の先生が

インドの各家庭では
必ず冷蔵庫にトマトが入っている

と話されていました。

 

トマトがインドカレーに対して
貢献しているのは

酸味だけじゃなくて
「旨み」もそうなんです。

 

「酸味」と「旨み」
を持ち合わせた

他の野菜にはない
独特のポジションで
食卓の料理を引き立てる

それがトマトなんです。

 

そして

それはホールトマトでも
味わえるものでもある
とは思いますが

ぜひ生のトマトでチャレンジ
してみてほしいなぁ

とトマト農家の私は
思ってしまうんですね。

 

というのも

やっぱり生トマト特有の
フレッシュ感が断然違うから!!

 

 

生トマトが苦手な私は
トマト農家になる前は

トマト料理と言えば
ホールトマトを使っていましたが

トマト農家になって
生のトマトを使った時の

その歴然とした違いに
ビックリしたんですよ。

 

でね

ただトマトによっては
そもそもが酸味が強いものもあって

それだと加熱することで
酸味が際立ってしまう
ってこともあります。

 

その酸味が苦手な場合は
加熱用のトマトを使ったり

水を使って煮込んだりする前に

油と一緒にトマトをしっかり
高温で加熱することで

酸味の元となるクエン酸を
分解することができます。

※クエン酸が分解される温度は175℃

 

また

トマトに塩を振りかけ
旨みを先にしっかり
引き出しておくことも大事!

 

織田トマトをおいしく食べるためにおすすめの食材。それは「塩」です
塩やココナッツオイルなどなど。おいしい食材との出会いで私たちも我が子の更なる魅力を知る機会をいただいています。

 

織田トマトの場合なんですが

 

 

トマトって加熱すると

酸味が強くなるものが多いのに

むしろ加熱すると甘くなる!!

 

とお客さまには
よく言われています(笑)

 

もちろん程よい酸味は
しっかり味わっていただけますので
そこはご心配なさらずに💛

 

ただ

辛いカレーを作る場合は
普段の生トマトを使って作る時よりも

スパイスや辛み成分を
多めに入れる方もいるようです。

 

↑実際に実家の母が
織田トマトでカレーを作る時は
こうやって調節しています

 

実はこれからの季節は

織田トマトを含めた
「冬春トマト」

(冬から春に収穫・出荷
されるトマトのこと)

のシーズン到来。

 

ご自宅でもカレー大国
インドのように

トマトの酸味と旨みを活用した

見た目も香りもそそる
カレーをどうぞお楽しみくださいね。

 


ビジュアル映えしないけど笑、味は絶品だったシーフードトマトカレー。ちなみに私はらっきょう派です!

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマト料理
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました