想っていることが現実になる

織田トマトの日々

頭では思っていても
心ではそう思えていない

そんなことありませんか?

そして

実際はどうなのかは
あなたの現実を見れば分かる。

それは

この現実はあなたの心や
意識を映し出しているだけだから。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

昨日のブログで
私たちのトマトは万人受けしない
と書いたけど

 

相思相愛な関係
全員に好かれようと思っても それはなかなかできない。 それよりも あなたをめちゃくちゃ好きに なってくれ...

 

それは農家になって1年目
の時から感じてたんですよね。

 

なぜなら

トマトをお届けした方に
たまにこんなことを言われたから

 

皮がすごく厚くて硬いね。。。

 

生トマトが食べられない私は
小学生以来ほぼ生でトマトを
食べたことがなく

しかもトマトなんて
これまで一度も買ったこと
なかったから

どんなトマトが人気があるのか
よく分かってなくて。

 

いろいろ調べたり
実際に召し上がられた方
の声を聴いて

 

世間では皮が薄くて柔らかくて
とにかく甘いトマトが人気なんだ

 

ってやっと知るわけです。

↑めっちゃ遅い(^^;)

 

だから

当初は我が子たちの

皮が厚い
皮が硬い

ってのが私にはコンプレックス
だったんですよね。

 

なので

冒頭のような言葉は
わりとよく言われたし

そう言われる度に

こんなんで申し訳ありません

って思ってた。

 

だけど

ある時からこう言ってくれる方
が増えてきたんです。

 

 

この皮、すごいね。
生きてる!って感じがする

 

皮がすごくうまい

 

皮にパワーがあるね!

 

これまで言われてきたことと
真逆の言葉を言われて

当初は困惑してしまった
自分がいたんですが

 

世間の大半が望む
トマトとは真逆の

こういうトマトを食べたい
っていう人もいるんだ

って気づかせてもらったんです。

 

 

でね

3年目くらいから

これがこの子たちの持ち味であり
唯一無二の個性であり魅力なんだ

って私自身が心からそう
思えるようになった。

 

そうなると

それを分かってくれて
喜んでくれる方々に
この子たちを届けていこう

って強く想うようになった。

 

するとね

不思議だけど
そういう出会いが
やってくるんですよね。

 

決めると物事は
そのように展開していく

 

だから

もしも現実がそうなってないなら
私自身がそう信じられてない

ってことなんだろうなぁ。

 

なんて最近思うんです。

 

まだまだ私たち自身が
いろんな恐れや迷いが
あったりするけれど

それでも

この子たちをとことん信じて
自分たちを信じていこう。

 

そんなことを改めて
強く想ったんです。

 

 

 

あなたの現実はどうですか?

 

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました