相思相愛な関係

織田トマトの日々

全員に好かれようと思っても
それはなかなかできない。

それよりも

あなたをめちゃくちゃ好きに
なってくれる人を見つけて

喜ばせ続けるほうが
お互いにしあわせになれる。

そんなことを思った
今日の出来事。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

今日は夕方に農作業を終え
夫婦で向かったのは

先日初めて行った
高知市内のカレー屋さん

Gorille(ゴリーユ)やっさん

 

素敵なご縁は人を介してやってくる
素敵なご縁は人を介してやってくる。 だけど 待ってるだけじゃ出会えない。 今日はそんなお話。 ...

 

初回に伺った際に
今度は収穫したトマトを
手土産に持ってきますね

と言っていたので

先日から今シーズンの収穫が
始まったこともあり

トマトを持参して伺ったんです。

 

 

この日にはやっさんの他にも
やっさんとご縁を繋いでくれた

日高村に工房を構える
sumi coffeeさんもいらっしゃいました。

 

持参したトマトを
ひとつ食べた店主のやっさんが
言った言葉は

 

皮がしっかりしてる

皮がめちゃくちゃおいしい

野菜のトマトの味がしっかりする

 

やっさんの言葉通り

これまでもトマトの
皮の厚さや硬さだったり

甘さだけじゃない
野菜らしい味わいが
特徴ではありましたが

今シーズンは今までで
最もそれを実感するんです。

 

 

でね

やっぱり昨今の人気がある
トマトの傾向を見ると

皮が薄くて柔らかく
とにかく甘いトマト

なんですね。

 

だからハッキリ言って

私たちのトマトは
万人受けしないトマトです(笑)

 

でもね

誰でも彼でもに食べてもらう
というよりは

このトマトの味をちゃんと
分かる方に食べてもらいたいよね

っていう話になったんです。

 

それを言うとおそらく
そうたくさんはいない。

 

でも

この子たちが持つパワーを
実感してくれて

こころと體を元気にする
ためにこれを食べたい

そう思って求めてくれる方が
必ず一定数はいる!!

 

その方々に求めてもらえる
トマトで在りたい。

 

 

やっさんとsumi coffeeさんと
一緒に話をしながら

改めて織田トマトとしての
在り方を再認識したんです。

 

そして

今シーズンはこのトマトたちが
そんな方々と出会う機会が

これまでよりも増えそうな
予感がしています。

 

というのも

来月からはちょこちょこ
新たな話が持ち上がって
きているからなんです。

 

大人しい見た目に反し(笑)

出会いを待って
一か所に居るよりも

出会いを求めて
各地に行きたいタイプの私。

 

なので

これからは
どんどん飛び回りますよー!

 

 

このブログを読んで
くれているあなたにも

今シーズンはどこかで
出会えることを
とっても楽しみにしています。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました