素敵なご縁は人を介してやってくる

織田トマトの日々

素敵なご縁は人を介してやってくる。

だけど

待ってるだけじゃ出会えない。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

今日の高知は雨がずっと
降り続いていました。

こんな日は私たちにとっての
お出かけ日和だったりするんです。

 

なんでかって言うと

水やりを気にしなくて
いい日だから

 


今シーズンのトマトたち、ここまで大きくなりました!

 

と言うのも

織田トマトで育てる
フルーツトマトは

その日の気温や湿度
陽射しの強弱に合わせた
水やりをしていまして。

 

晴れた日だとなかなか
トマトの側から離れられないんです。

 

だけど

雨の日は地下水脈からの
水の影響もあり

そもそも水やり自体が必要ない!!

 

ということで

今日は高知市内まで
足を延ばしてランチに行ってきました。

 

その名も

Gorille(ゴリーユ)やっさん

 

元消防士の店長さんが作る
カレーやからあげ、
ざんぎが人気のお店。

 

この店名を見た時こう思った私。

 

 

あかね
あかね

ゴリラのような雰囲気の方が
店長さんなのかなぁ?

 

そんな私の想像はピッタリ的中(笑)

 

なんともガタいのいい店長さんが
迎えてくれました。

 

カレーやざんぎ、からあげは
家庭の味とも言えるような
優しい味付けでありつつも

やっぱり家庭ではなかなかできない
丁寧さに溢れていて

お腹もこころも
たっぷり満たされて
お店を後にしたんです。

 

 

でね

このお店に行くそもそもの
きっかけは

以前ブログに書いた
高知の日高村でコーヒー焙煎の
工房を営んでいる

sumi coffeeさんから
おススメされたから。

 


念願だったsumi coffeeさんのアイスコーヒー

 

sumi coffeeさんにお願いした
コーヒーを受け取る際に
いろいろお話させていただき

そのお話からめちゃくちゃ
刺激を受けた夫。

 

そして

夫から話を聞き
妻の私もめっちゃ刺激を
受けたんですね。

 

ところで

私は人生の中で決めている
ことがいろいろあるんですが

そのひとつが

 

自分が「素敵だな」と思った方から
紹介されたものはすぐにやってみる

 

ってこと。

 

だから

人を紹介されたらすぐに会いに行く

ってことを意識しています。

 

だけどそんな私も

長く続くコロナ禍で
人に会わないことが日常になったり

さらには

マイカーが廃車になって
山間の集落で暮らす私は

ますます移動手段が
狭められてしまったりで

今まで当たり前に
発揮してた瞬発力が
めっちゃ衰えてきてたんですよ。

 

でもね

それもぜーんぶ言い訳
でしかないんだよね

 

だからね

 

とにかくやるって決める

 

そうやって決めたら

「じゃあ、8日は雨だから
この日にしよう!」

って物事が動き出すんですよね。

 

そうやって動き出せば

素晴らしい出会いを経験できて
おいしいカレーも食べられて

本当に大満足💛

 

そして

そうやって軽やかに動いたら
思考も軽やかになって

どんどんおもしろいアイデアが
浮かんでくる!!

 

今シーズンは
そんなおもしろいことを
どんどんやっていきます。

 

 

高知からまごころこめて。

 

トマトの味よりも大切にしていること
「おいしい」 って言ってもらえると とっても嬉しい。 でも 味よりも 大切にしていることがあります...

↑sumi coffeeさんについてはこちらでも書いています

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました