私たちは人生に愛され応援されている存在

夫婦のこと

自分の本質を生きること。

それは

誰もが願ってやまないことだけど
私たちの人生だって
それをずっと応援してくれている。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

これはたまらない!

 

大好きな白バラと
マルマンのスケッチブックが
まさかのコラボをやるなんて!

 

【マルマン×大山乳業】60年以上愛される「図案スケッチブック」と白バラのコラボ!
ヴィレッジヴァンガードのプレスリリース(2022年4月12日 15時59分) マルマン×大山乳業 60年以上愛されると白バラのコラボ!

 

このふたつに共通しているのは
ロングセラー商品ということ。

 

長きにわたり多くの方から
愛されてきたものたち。

 

そして

愛されていると言えば
人は誰だってそういう存在
なんだってしみじみ感じる。

 

じゃあ

私たちは誰から愛されているのか

 

それは

私たち自身の人生から
愛されているんです

 

っていうのも

人生は何度も私たちに
ヒントやメッセージを
送ってくれている

ってことにやっと私自身が気づいた。

 

 

 

昨日のブログで書いたけど

 

生きづらさを感じる時は自分の本質からずれている
生きづらさを感じてた時を 思い返してみると 本当の自分からズレた 生き方をしてたなって思う。 今日はそん...

 

私は結婚して夫の故郷に移住し
農業を一緒にやるようになってから

ずっと夫の黒子でいるべき

って思ってきた。

 

だけど

どうしても前に出ちゃうし
言われたことを粛々とやることが
全くできない。

 

それが苦しくて自分を責めたけど
最近ようやくそもそも
私の本質から外れたことを
やろうとしてたってことに気づいた。

 

先日、マヤ暦のセッションを
受けたんだけど

黒子になろうとしても
なれない葛藤をお伝えすると

 

それはそうですよ!

だってあなたはとにかく
前に出ていく人だから

 

と言われてしまった(笑)

 

↑ちなみにマヤ暦で言う
私の太陽の紋章は
「黄色い太陽」

 

そして

そう言われた時にふと
だいぶ前にも同じような
ことを言われたなぁ

って思い出したんですよ。

 

それは今から約10年以上前。

私が手相を初めて
見てもらった時のこと。

 

実はこの時も

 

会社員では納まりきれないし
とにかく隠れてたらもったいない人。
どんどん前に出なくちゃ

 

って言われてるんです。

 

当時は大好きな化粧品の
仕事に邁進していて

会社の中でも結構好き勝手に
やらせてもらってたから

おそらく自分の本質の
ど真ん中を生きてたんだよね。

 

でも

いつしかその本質から
だいぶズレてしまっていた。

 

だけど

私の人生は私が本質を生きるように
こうやってメッセージを
繰り返し送ってくれている

 

 

 

今回セッションを受けて

「とにかく前に出ろ」

って何度目かのメッセージを
受け取って

さすがに気づかされたし
いい加減観念したよね(笑)

 

そして

こういうことは特別なことじゃなくて
あなたの身の回りでも起きている

 

人生では

生きづらさを感じたり
いろんな出来事によって
諦めたくなったりすることも
あると思う。

 

でも

あなたが人生を諦めようとしても
人生はあなたを全く諦めてない

 

だから

どうかあなたの人生を愛し
信じてあげてくださいね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました