理想の人生を望みそうなると決める

夫婦のこと

あなたの人生が望みと違う人生
になっているとしたら

それはあなたがそれをちゃんと望み
そうなると決めていないからかもしれません。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

あかね
あかね

本心が分かったら今度はそれを望み

そうなるって決める段階だね

 

これは私が先日、夫に言った言葉。

 

ところで

人生に悩める夫が自分と向き合うために
瞑想を始めてから1ヶ月ほど経った。

 

経験が相対的なものから絶対的なものになったら最強
経験って重ねれば重ねるほど 人を腐敗させ足枷になるのか? それとも 経験があるからこそ人生は 豊かになるのか? 今日は経...

 

今まで向き合ってこなかった自分
と向き合う時間を毎日とることで
夫に少しずつ変化が表れている。

 

でね

冒頭のセリフなんだけど

そもそも夫が人生に悩んでいる
理由の一つは

 

自分がそもそもどうしたいのか
っていう本心が分からないから

なんですよね。

 

 

だから

まずはその自分の本心を知るって
ところがスタートなんだけど

 

それが分かってきたら

それを望みそうなると決める

って段階に入るんです。

 

そもそも

物事は決めないからそうならない

んですよ。

 

夫はこれまで

「農家になりたい」と望み
「農家になる」と決めたから

故郷・高知に帰って
農家になるため農業研修を受けた。

 

 

そして

農業研修でトマトと出逢い
赤いトマトの色に魅せられ

「トマトをやりたい」って望み
「トマト農家になる」と決めたから

実際にそうなった。

 

でもね、

トマト農家になった後に

「これからどうなりたいのか」
という明確な望みが無いままやってきた。

 

そして

望みが無いんだから
「そうなる」と決めてもいない。

 

すると

ただただ目の前に起きる出来事に
反応して一喜一憂し
右往左往するしかないんですよね。

 

だからね

まずは

自分の本心を知り
それを純粋に望み
そうなると決める

 

これがあって物事は形になる。

 

そんなことを私はトマトハウスでも
自宅でも夫に言っております(笑)

 

 

そう言えば

私たち夫婦ってこういう会話が
ほとんどかもしれないなぁ。

 

でも

一緒に事業やってると
やっぱりこうなるんでしょうね。

 

それはそれで面白いとも
思ってるけど

はてさて、夫はどうなんだろう(笑)

 

まだまだ夫にとって人生において
自分が本当に何を望んでいるのか

それを知る旅が始まったばかりだけど

その旅の模様を当の本人よりも
むしろ私自身がワクワク楽しんでるかも。

 

だって

夫ならきっと自分が本心から
望む最高の人生を歩める

って思ってるから

後はそこにたどり着くまでの
過程を楽しむだけですもんね💛

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

夫婦のこと