人で選ばれるトマトでありたい

夫婦のこと

世の中にある
モノやサービスって

それ自体がいいから
っていうのはもちろんだけど

それ以外の部分で
その商品が
根強く支持されたりもする。

そして

実はその部分こそ
お客さまから長く愛される
秘訣なのかもしれない。

今日は
そんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

最近は以前のように

有名人がCMに出てるから
って理由で
その商品を買うって人は
あんまりいなくなってるけど

それでもまだまだ
CMに芸能人が起用されてる
っていうのは

その影響力があるから
なんですよね。

 

私もCMはいくつか好きな
シリーズとかあって

その一つが

UQモバイルの
「UQ三姉妹」


UQ三姉妹の深キョン、多部ちゃん、芽郁ちゃんの3人(画像はこちらから引用)

ちょっと懐かしい演出や曲
がいつも話題になってて

シリーズ開始から
毎回楽しみにしてました。

 

ところが

最近

「あれ?CM変わってる?」
って思ってたら

こんなニュースが
話題になってた!!


深田恭子復帰も、UQ三姉妹は「解散」?「毎回楽しみにしてたのに・・・」ファン落胆』より引用

 

UQと言えばあの三姉妹
っていうくらいに浸透していたので
もう観られないかと思うと
ちょっと寂しくもあります。

 

でもこんな風に

○○(商品名やサービス)と言えばあの人!
みたいなのってありますよね。

もちろん逆もしかり。

 

そして

織田トマトで言えば
当たり前だけど

私たち夫婦が
イメージキャラクター
なんですよね。

だから

ブログやSNSでは
トマトのことはもちろん

なるべく普段の私たちを
知ってもらえるような
内容をお伝えするようにしています。

 

そうは言っても
私たちふたりだって
完璧な人間じゃない。

 

トマトたちのことを
熱く語る日もあれば

間違ったり迷ったり
ポカをやらかして落ち込んだり

喧嘩して険悪な雰囲気になったり

毎日試行錯誤している
ふたりの人間です。

 

そんなところも含めて
等身大の私たちを
みなさまにお伝えしていきたい。


ピンチの留め方で私たち夫婦それぞれの性格がめっちゃ分かりますね笑

その中で

「この人のトマトだったら
食べてみたいなぁ」

そう思ってもらえたら
とっても嬉しいなぁって
思ってるんです。

 

もちろん

100人いたら100人から
好かれるなんてことはありません。

 

でもきっと

相思相愛になれる方
だっているはず。

 

それに

相思相愛になれる方と
出会うには

やっぱりまずは自分から
さらけ出さなきゃ信頼されないし

そうじゃなきゃ
本当に相性が合うのかなんて分からない。

 

そう!

結婚相手と出会うのと
すごく似てるなぁって思ったんです。

 

だって

結婚する時だって
猫かぶったままだと
あとあと苦しいですから💦

 

それに

いいところって
後から分かっても
全然かまわないけれど

自分でダメだなぁって
思うところこそ
ちゃんと見せてしまったほうが
夫婦も長く続きやすい。

↑ちなみに私は夫と出会った当初
わりとはじめからさらけ出していたので
めっちゃ楽でした(笑)

 

だから

ちょこちょこ
ポンコツな部分もお見せすることに
なると思いますが

それが今の私たちの等身大
なんだと感じていただけたら
ありがたいです。

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました