トマトハウスの庭、進行中です!

織田トマトの日々

愛∞無限大!

高知県佐川町のトマト農家、織田トマトの織田です。

 

先週はグッと冷え込んだかと思いきや
今週になってまた暖かさが戻ってきましたよね。

日中は暖かいというよりむしろ暑くて。
この時期にしては陽射しも強いし、
トマトハウスの中ではまだまだ半袖で十分だったりします。

 

ところで、最近ハマっているものがあります。

それは、「花」。

トマトハウスの入り口を花で彩りたくて
苗を買ってはせっせと植えています。

 

 

とは言っても、花についてはド素人でして。

家に花を飾るのは好きなんですが
育てることに関してはこれまでほぼ関心が無く。

園芸については専ら“食べられる”ものしか
興味が無かったんですよね(笑)

 

でも、トマトハウスの入り口を賑やかに
彩りたいなぁと思うようになり。

 

織田トマトのハウスがある周辺は
ニラのハウスや田んぼがあるのどかな場所で
農道では犬のお散歩だったりウォーキングをしている方が
結構いらっしゃるんです。

そんな方々にも楽しんでもらえたらいいなと
ネットやYouTubeで花に関することを調べては
日々のお手入れをしています。

 

実際、私自身が今では花たちに毎日
楽しませてもらっていまして。

作業で出勤した時や休憩の際に
可憐に咲く色とりどりの花を見ていると
勝手に笑顔になるんですよね。

花の力ってすごいなぁと改めて感じます。

 

 

トマトハウスの入り口はまだまだ改革中で
「織田トマトの庭」はこれからまだ手をかけて
良い感じにしていく予定です!

先日は、その第一弾として入り口に
防草シートを敷きました。

 

 

草が入り口のすぐ近くに無いことで
ハウス栽培のトマトにおいて天敵と言われる虫が
中に入ってきにくくなるという効果もあるんです。

今後は砂利を敷いてもう少しお洒落に
見えるようにしようと思っています(^^)

 

その過程も都度ブログでお伝えしていきますね。

 

まごころこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

織田トマトの日々
愛∞無限大|織田トマト