自分が当たり前にできることが相手もできるとは限らない。だからこそ、それを相手の喜びにどんどん繋げていこう

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日からコリアンダーシードを浸けた水を飲み始めました。

コリアンダーシードは体内の熱を穏やかに冷ましてくれる

スパイスだそうです。

この時期の農作業は、体内に熱がこもりやすいので、

それが少しでも緩和してくれるといいなぁ。

 

 

今日は、夫はハウスへ、妻は自宅で作業という1日でした。

私が今日一日やっていた作業はこれ。

これは昨シーズンに使っていた誘引(ゆういん)用のクリップと紐です。

誘引とは、トマトが、上を向いて真っすぐ成長できるように、ある程度の高さになるまで上から吊るした紐をトマトの茎に付けて支えることです。

このクリップを今シーズンも利用するため、紐から取り外すことが今日の私のミッション!

この作業中は、教材の音源を流したり、見逃したドラマを見たりと、作業しながらいろんなことができるので、飽きずにやれてしかも楽しいんですよね。

そんなこんなで集中してやっていたら、旦那さんが帰宅。

私の作業ペースを見るなり、「え!?もうこんなに終わったの??すごく早いね!!」とビックリしていました。
私からすると大して急いでやってたわけでもなく、いたって普通にやってただけです。

なので、最初、私は旦那さんのその反応が少し大げさだなぁと思ったりもしたのですが、自分にとって当たり前にできることでも他の人にとってみたらそうじゃないことってあるんですよね。

自分は特に意識せずともできてしまうことで、相手が喜ぶこと。

それこそが自分も相手も軽やかにハッピーになるコツなんだ!と思います。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
高知県立高知東高等学校卒 

2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導にも従事

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました