農家の私が化粧品会社勤務時代以上にスキンケアに励む理由

織田トマトの日常

織田トマト広報担当、織田茜です。
それにしても、毎日暑いですねー💦
私は春夏秋冬の中でいちばん夏が好きなんですが、それでもこの暑さは體にこたえます。

この厳しい暑さの時期は農家こそスキンケアが大事です

私は高知に移住する前は化粧品会社に勤務する会社員でした。
主にお客様のお肌悩みのアドバイスや美容に関する社内教育に携わっていたため、当時からスキンケアに関しては自分自身に対してもわりとちゃんとやっている方だと思います。
(一方、メイキャップは好きなんですがへたっぴです)

トマト農家になってみて分かったことは、農家こそスキンケアが大事だということ。
特に、意外に思われるかもしれませんが、冬よりも夏の方がスキンケアの頻度が増えます。

というのも、この時期の厳しい暑さが肌に与える影響はとても大きいからです。

まずは、紫外線。
農作業中はずっと太陽の下にいるので、焼けないでいることは難しいんですが、それでも工夫しながら影響を最小限に抑える努力をしています。

次に、手の荒れや乾燥。
農作業中は手袋をしているので汗で手肌がふやけたり、水で何度も洗うことで結構荒れてしまうんです。
なので、こまめにハンドケアをしています。

そして、大量の汗。
実は、これが結構やっかいなんです。

夏の農家の肌の大敵、大量の汗がしんどい

この季節はトマトハウスの中の気温が40度前後になります。
だから、とにかく汗の量が半端ないんです!!

汗は体温調節をしてくれる大切な存在ですが、あまりにも発汗量が増えると、肌の表面がいつも汗にさらされているのでふやけてしまいます。
すると、肌がひりつき、しまいにはぽつぽつとした発疹やあせもになってしまうんです。

それを少しでも防ぐために、お風呂上りはもちろん、朝も顔と體にしっかり保湿剤を塗ります。

夏だとさっぱりタイプが店頭ではよく見かけますが、大量の汗から肌を守るには、できるだけ油分が多いしっとりタイプの乳液やクリームを使っています。

このケアをするかしないかで肌のひりつきぐあいが違うので、夏は欠かせません。

毎日こつこつケアすることが肌をすこやかに保つもっとも手堅い方法です

そして、スキンケアは自宅だけではありません。
トマトハウスでもできるだけこまめに塗っています。

これが私がいつもトマトハウスに持参しているスキンケアアイテムです。

この写真に写っているのは、日焼け止め(顔用、ボディ用)とハンドクリーム。
ハンドクリームはこのアトリックスのタイプを数年にわたって愛用しています。
手に塗ったあとのいやなぬるつきがないのがリピートの理由です。

他にも、顔用パウダー(紫外線防止パウダー)やリップクリーム(日焼け止め効果があるもの。唇は肌よりも紫外線ダメージを受けやすいです)を毎日持参しています。

そうは言っても、私もこれだけやってもやっぱり化粧品会社勤務時代のような白い肌は維持できていません。
私の場合は、夏に焼けた肌は春先までかかってやっと元の色に戻ります。

それを見る度、農家って過酷な時期に農作業してるんだなぁとあらためて感じます。
それでも、こうして毎日こつこつケアすることが少しでも長くすこやかな肌で元気に農作業に携われることにつながるんだと思っています。

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました