罪悪感を手放してわがままに生きる

夫婦のこと

独身でも結婚していても
変わらないことがある。

それは

自分をしあわせにできるのは
自分しかいないってこと。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

私が今いちばん観たい映画。

それが現在上映中の

『老後の資金がありません!』

 


『老後の資金がありません』公式HPより引用

 

この映画には大好きな俳優さん方が
たくさん出演されているんですが

その中でも御年88歳の
草笛光子さんは
私の憧れの女性のひとり。

 


画像はこちらから引用

 

その草笛さんが
インタビュー記事

今回の映画で印象に残っている
セリフを挙げていました。

 

それは

人間、わがままに生きた方が勝ちよ

 

このセリフは

いつも家族のために生きて
自分のことを後回しにしている

天海さん演じる主人公に
義母役の草苗さんがエールを
込めて言ったもの。

 

私の母も自分のことを
いちばん最後に考える

そんな女性だったけど

これって今でもあんまり
変わってないのかなぁ
って思うんですよね。

 

そして

この時代になっても世間的に
妻ってこういうもの

っていうのが結構あるんだな
と感じることがよくあって。

 

例えば代表的なのが

妻は家に居て家事をする

というもの。

 

一見今の時代には関係ない
ように思えるけど

まだまだ根強くあるんだなぁって
感じた出来事があって。

 

その洗礼を初めて受けたのが

高知に移住して数ヶ月後に
教習所に行くことになった時。

 

行きたい教習所が県外にあって
合宿生活をすることに
なったんですが

その時に出会う男性の
ほとんどに言われたことが

旦那さんがかわいそう

ってことだった。

 

他にも

毎週のように
全国各地に行っていた時には

特に今暮らしている環境が
小さな町ということもあって

「奥さんよく出かけるよね。
あんなに出かけるのはどうなの?」

って夫はよく人から
言われていたようです。

 

 

その度に夫は

「自分はそれで全く困ってないし
いいと思ってるから
何も問題ないです」

って言ってますが(笑)

 

でもね

そのいわゆるいい妻像に
誰よりも縛られてたのは
私だったのかもしれない

って最近気づいたんですよね。

 

私は夫に結婚前から

いわゆる世間が言う
いい妻にはなれない

って言ってたクチなんです。

 

でも

いざ結婚したら
自分でもよく分からないうちに

世間基準の妻像が
自分の中に住み着くようになり

自分がやりたいこと
をやるってことに

勝手にどんどん罪悪感を
感じるようになった

んですよね。

 

だからいつの間にか

自分で自分をしあわせに
することを忘れて

夫にしあわせにしてもらおう
って思うようになってる

私がいることに気づいたんです。

 

 

だけど

自分をしあわせにできるのは
自分しかいない

わけで。

 

それに

夫はずっと前から
私を変えようとはしてないし

むしろ

私が私らしく
毎日を楽しんで生きてくれたら
それがとにかく嬉しい

っていつも言ってくれてる。

 

なのに

勝手に罪悪感を感じて
いつまでも飛び立ててないのは
私の方だったんですよね。

 

だから

私は私をまずはしあわせにする

 

そして

罪悪感からやっていた
ことをやめ

罪悪感からやらなかった
ことをやる

と決めました。

 

あなたにもそんな罪悪感
ありませんか?

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました