なりきるからそうなる

夫婦のこと

今、私が大事にしたいもの。

それは「遊びごころ」。

そして

この遊びごころを持って
在りたい自分になりきる。

このなりきることが
本当にそうなっちゃう
第一歩だったりするんです。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

これから迎える年末年始や
お盆などの長期休暇は
同窓会がよく開催されますよね。

 

そういう私も

先日同窓会を
したばっかりなんです。

 

とは言ってもその同窓会は

NJE理論ブログの仲間

ちーちゃんこと太田千郷さんの
ドリームマップでやったもの。

 

社員の主体性を育む、受講1,000名超が覚醒したドリームマップ 研修実績No.1ファシリテーター 太田千郷/This is ME
太田 千郷(おおた ちさと)さんのブログです。最近の記事は「夢は◯◯で磨かれる(1)〜ワンデイ・ドリームマップ 広島開催〜(画像あり)」です。

 

数年ぶりに同窓会で会う
友人に向かって

毎日を楽しく生きる数年後の
自分になりきって話すんだけど

 

これがね、すごく面白い!!

 

始める前は

「えー!?できるかなぁ??」

なんてドキドキしてる自分がいた。

 

だって

まだ実現してもいない
根拠もなにもないことを

さも実現したかのように
他人に話すんですから。

 

でもね

いざ始まると自分でも
ビックリするくらいに
ペラペラと口から出てくる。

 

 

そして

言い終わった後は

なんかもうそんな気になっている(笑)

 

この不思議な感覚が印象的で
夫婦でもやってみたんです。

 

 

やすし
やすし

先日行ったマルシェだけど
めちゃくちゃ好評だったんだって?

 

あかね
あかね

そうなの!
ちょっと多いかなぁっていう
量のトマトを持っていたんだけど
全然足りなくて。

 

やすし
やすし

それは本当に嬉しいよね!

あかね
あかね

本当にありがたいよね!

 

そしてね
「今度は○○に来てください」
って言ってくれた方がいて。

 

だから今度は○○で販売する
ことになったの。

 

 

とまあ、こんなことを
夫婦で延々と語り合いながら
収穫をしてました。

 

これが本当に楽しい!!

 

「もうそうなる」と思った時点で
そうなるように現実が整っていく

 

この不思議な感覚は体験すると
ハマっちゃうね

なんて夫婦で言ってたくらい。

 

そして

このなりきりに大事なことは

とにかく細かいことは
気にしないってこと(笑)

 

辻褄とかどうでもいいから
いかに楽しく軽やかに

「こうなったらいいな」
の気持ちに忠実になる。

 

まあようは

「こいなったらいいなぁ」で
とことん遊んじゃう💛

 

でもね

これからの時代は

それくらいの軽やかさが
むしろめっちゃ大事

なんだろうなぁって思う。

 

でね

またリアルで新たなマルシェの
参加が決まりました!

 

東京・文京区小石川にある
熟成肉専門店
中勢以(ナカセイ)』さん
の店内で毎週行われる

はりまざか女子マルシェ」。

 

こちらは

12月19日(日)

12月26日(日)

に店内で織田トマトを販売します。

 

※開催時間は11:00~15:00

12月19日(日)は
織田本人は店内に居ませんが
12月26日(日)は店内に居ます

 

文京区と言えば私も実際に
暮らしていた地域でして。

 

本当にいいところなんですよー。

 

他にも素敵な農家さんのお野菜など
たくさん販売されています。

 

↑とある日のマルシェの様子

 

ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました