女性の無呼吸症候群の原因とは?

織田トマトの日々

あなたは毎日ちゃんと
良い睡眠が取れていますか?

もしそうじゃない時は
何か原因があるかもしれません。

例えば無呼吸症候群とか?

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

NJE理論で毎日ブログ
を書かれている
愛知の伊藤千春さん

 

看護師歴24年のご経験を元に
訪れるみなさまの心とからだを
健康に導いています。

 

その千春さんが最近
睡眠についてブログを
書かれていました。

 

スッキリ目覚めるには、睡眠の質を向上。そのためには。。。
睡眠時間が少なくても、 睡眠の質が良ければ 朝の目覚めは違います     その睡眠の質を よくするためには?   毎日ブログ894日目 看護師歴24年の ナースセラピストが 手がけるリンパマッサージで 「身体」

 

ちなみに

私は昔から睡眠時間が長く
必要な人間でして。

 

そのことを伝えたところ
こんなお返事をいただきました。

 

 

ロングスリーパーの人は
日中にかなり脳を使っている人が多い。
それか、寝てる時、無呼吸か

 

 

実は私は約10年前にこの
無呼吸症候群」で
睡眠外来に通院していました。

 

無呼吸症候群とは
睡眠中に何度も呼吸が
止まったり浅くなったりして
体の低酸素状態が発生する病気です。

 

睡眠時無呼吸症候群 - 独立行政法人国立病院機構 近畿中央呼吸器センター

 

そして

大きないびきだったり
仕事中の強い眠気に襲われたり

放っておくと命の危険にも
繋がると言われています。

 

でもね

この病気は自分では
なかなか気づけないんですよ

 

だって寝てる間のことなんて
そうそう自分じゃ分からないし。

 

私も友人たちと旅行した時に
いびきを指摘されたことは
全くなくて。

↑ただ言いにくかっただけかしら(^^;)

 

実際、女性は男性に比べて
体形の違いからいびきをかきにくい
と言われています。

 

それもあって

まさか自分がそうだとは
全く思いもしなかったんです。

 

そんな私が気づくきっかけ
になったのが夫からの指摘。

 

ある朝に

昨日の夜、息がしばらく止まってたよ

って言われたんです。

 

それからちょくちょく
指摘されるようになって。

 

一念発起して睡眠外来を
受診しました。

 

そして

簡易検査を行い
ごくごく軽い無呼吸症候群と
診断されました。

 

 

 

でね

無呼吸症候群の原因って
睡眠中に空気の通り道が
何らかの理由で塞がっちゃう
ことなんだけど

そのひとつが「肥満」
だと言われています。

 

だから

中年の肥満傾向にある男性に
よくみられる病気なんです。

 

 

 

 

じゃあ

当時の私がめっちゃ太っていたか
って言うと全然そんなことなくて。

 

だったら何で特に肥満傾向のない
私のような女性がそうなったのか?

 

それは

下顎の小ささ

 

特に欧米人などに比べて
アジア人女性は顔も小さく
その分下顎も小さい。

 

だから

意外にも無呼吸症候群の方が
結構多いんだそうです。

↑当時私が受診した病院の
担当医師に説明されました

 

 

 

 

だから

睡眠中の軌道が塞がれないように
私は普段は横向きに寝ています。

 

そして

私の呼吸が止まってることに
夫が気づいた時は
軌道が確保しやすい位置に
頭や首を調整してくれてます。

↑って私はガッツリ寝てるから
全然気づかず(笑)

 

なので

もし朝起きた時に倦怠感が続いたり
たくさん寝ても疲れが取れないとか

そういったことがあるなら
一度睡眠外来を受診されてみるのを
おススメします。

 

「無呼吸症候群」って言うと
特に若い女性の場合は
気恥ずかしさもあると思うけど

からだのことで気になる事は
放っておいていいことは
あんまりないですから💛

 

ぜひ良い睡眠を取って
毎日を元気に過ごしましょうね。

 

 

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました