学びとは人生そのもの

好きなもの

学びって誰かに言われたから
やるものでもないし

何かセミナーを受講したり
本を読めばそこで終わるものじゃない。

自分の本心から求めて止まないものを
一生探究していくことなんじゃないかな。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

昨日、自己投資についての
ブログを書いたけれど

 

自己投資は最もリターンが高い投資です
最も効率的でリターンのいい投資。 それは自己投資です。 自分の人生をとことん楽しむ 大人で溢れる世...

 

私はとにかく何かを学ぶ
ことが大好き。

 

特に

興味が尽きないものは
とことん学び続けますし

自分が成長する機会だと
直感で感じたことは
割とすぐ学び始めます。

 

実は

最近も新たなことを2つ同時
並行で学び始めたんですが
これがまあ楽しい。

 

でね

人生を振り返ってみると

お金が余ってるからとか
時間ができたからとか

っていう時だけ学んでる
わけじゃなくて。

 

それこそまだそこまで給与が
高くない社会人2年目の時に
数百万円の講座を
受講したのを皮きりに

いつも何かしら興味があることを
学んでいるんですよね。

 

それに

まさに今のこの時期は
冬から春に栽培する
トマト農家にとっては
繁忙期のピークなんですが

それでも自分が本心から望み
やりたいと思うことって
何があってもやるんです(笑)

 

 

 

そして

少し学んだからと言って
それがすぐに身になったり
結果が出るワケじゃない

 

私が社会人2年目に学んだ講座も
当時はいくら学んでもなかなか
腑に落ちきれず。

 

一旦その学びを中断したこともあった。

 

それでも

やっぱりその分野への興味は尽きなくて
結局は気づけばまた学びを再開し
それは今でも続いています。

 

そして

最近になってやっと掴みかけて
少し腑に落ちるようになってきた

そんな状態なんです。

 

学び始めてかれこれ20年近くに
なるけれど
学びってそんなものなんですよね。

 

そしてね

こんなにも学び続けているのに
それでも興味がまだまだ尽きない。

 

 

学び始めた時はあまりにも
よく分からず

 

早く分かるようになりたい
すぐに結果を出したい

って強く想うこともあったし
実際にそうだったと思う。

 

だけど

40代になって思うことは

 

興味ある分野にまだ未知の
領域があることや

それらに興味が尽きず
むしろますますワクワクが加速する

 

そういうことがすごく嬉しいんです。

 

そして

それは農業もトマトも一緒だな
って思ってる。

 

トマトも1本1本個性があるし
天候や自然の状況も
毎年、毎月、毎日、毎時間違う。

 

 

それに

私たちが分かっていることや
目に見える事なんて
ほんの僅かなんですよね。

 

だからこそ

毎日が勉強だし
いつまでも新鮮な気持ちで
向き合うことができる。

 

むしろ

分かろうとするんじゃなくて
見えるものや知ったことを
そのまま素直に受け取り
ただただ感じること。

 

それを積み重ねることで
いつか知っている状態になる。

 

だから

あせらずマイペースに
本心が望むことをやり続け
自分を喜ばせていきましょうね。
 

そして

あなたの喜びを追求したことが
コップから溢れた水のように
誰かの喜びや気づきに繋がっていきます。

 

 

私も今日もこのブログを
読んでくださるあなたに
心から感謝しています。

 

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました