眠れない・・・睡眠のお悩みの解決には「トマト」です!

織田トマトの日々

20代~30代半ばまでは
徹夜でも元気いっぱいだったけど

40代になるとさすがに寝ないと
翌日のパフォーマンスがダダ下がりになる。

年々睡眠との向き合い方を
考えさせられている

そんな方にぜひ読んでほしくて
今日は書きました。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

40代以降の睡眠時間は7時間が
最適なんだとか。

 

38歳以上の最適な睡眠時間、研究で判明 多くても少なくても脳に悪影響 - NewSphere
最新の研究によると、40代以降の睡眠時間は7時間が最適のようだ。これより極端に多くても少なくても、認知機能や精神衛生に影響が出ることがあるという。中国とイギリスの大学による共同研究によると、少なくとも中年および高齢の人にとって、最適な睡眠時間は平均7時間となるようだ。研究はイギリスのバイオバンクに登録された50万人分の

 

しかも

眠りは歳を重ねるごとに
とても重要になるそうです。

 

けれど

これから睡眠がとりわけ大切になる
年代になってくるのに
今度は少しずつ寝つきが悪くなったり
眠りが浅くなってしまったり。

 

とにかく質のいい睡眠が
取りづらくなる。

 

 

これにはひとつの理由として

夜に眠くなる作用のあるホルモン、
メラトニンの分泌量が
歳を重ねるごとに減っていくから。

 

そんな40代以降のみなさま
ぜひオススメしたいものこそ

 

トマト

 

 

 

 

それはトマトが睡眠と深く関わる
栄養素をたくさん含んでいるから。

 

まずは

先ほど眠くなる作用を促す
メラトニン。

 

トマトはこのメラトニンを
多く含んでいます

 

そして

質の深い睡眠をサポートしてくれる
成分として近年注目を浴びている
GABA(ギャバ)。

 

GABAにはストレスを和らげてくれる
効果があるんですが

寝る前の脳の興奮を抑えて
快適な眠りをサポートしてくれる
効果もあるんです。

 

 

寝付けなくなる時って
いろんなことが頭をグルグル巡って
早く寝たいのにどんどん目が
冴えてしまう・・・

 

なんてことがありますよね。

 

寝る前に考えすぎてしまったり
頭が働きすぎてしまう方には
オススメの栄養素なんです。

 

しかも

トマトは野菜の中でこのGABAを
最も多く含んでいると言われています。

 

さらには

このGABAや同じくトマトに含まれる
カリウムの作用によって

からだの中心部の熱を下げ
安眠に導く効果もあるんです。

 

実は

トマトを一週間に一度以上食べる方と
そうでない方とを比較した実験では
眠りが浅くなるリスクが2.15倍にも
なったという報告があります。

 

ちなみに

睡眠にフォーカスした場合
食べる時間は夕食がオススメ!

 

↑赤いトマトの代名詞、リコピン
の場合は朝食に食べるのが
オススメです

 

からだも心も脳もいつまでも
元気にいられるために大切な睡眠。

 

夕食に1~2個程度のトマトを
食べてぐっすり質のいい睡眠を
取りませんか。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

 

高知から細胞が喜ぶトマトをお届けします💛
『真っ赤なフルーツ太陽(フルーツトマト約800g)』 | 織田トマト powered by BASE
一般的なサイズ(約60g前後)を中心にそのひと箱限りのいろんなサイズの組み合わせでお詰めしてお届けします。お届けしたひと箱に入っているトマトたちは、みんな、あなたに会いに行きたいと立候補したトマトたち。ぜひ、トマトたちの個性をサイズも含めてお楽しみいただけたら嬉しいです。≪織田トマトってどんなトマト?≫織田トマトのトマ...

今シーズンのフルーツトマトは
そろそろ受付終了となります。
(5月末まで受付)

 

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました