トマトのおいしさは嗅覚で味わう

織田トマトの日々

香りが人に
あたえる影響は

私たちが思っている
以上に大きい。

今日はそんな話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

コロナ渦が続く中
香水などの「香りのチカラ」が
とても注目されています。

また

AIを使った香りのデータ化も
され始めていて

最近では

レモンの香りを嗅ぐと
映像の動きが遅くなる

という研究結果も発表されました。


レモンの香りで動きがスローに 嗅覚と視覚の関係を発見』(朝日新聞デジタル)より引用

 

人間には

嗅覚、聴覚、視覚、味覚、触覚
の五感があるけれど

それぞれの感覚が
単体で働くのではなく

互いに影響をし合う
ってことなんですよね。

 

それは食べる時にも
言えることで

「味がいい」
ってよく言うけれど

味って味覚だけで
感じてるんじゃないんです

 

じゃあ一体何で「味」を
感じているのかというと

 

味覚と嗅覚
で感じてるんですよね

 

それがよく分かるのが

花粉症や風邪などで
鼻が詰まった時。

 

そんな時に食事をすると

味が感じられなくて
ぜーんぜん物足りなかった

なんてことありませんか?

 

しかも

人間の五感の中でも
圧倒的にセンサーが多いのが嗅覚。

味覚のセンサーは
五味(甘み、うまみ、塩味、酸味、苦み)
を合計しても24種類。

それに対して

嗅覚は400種類も
センサーがあるんです。

においの科学のウソ・ホント(東京大学大学院農学生命科学研究所応用生命化学専攻生物化学研究室)』を参照

 

 

ということは

おいしいと感じるためには
味覚ももちろん大事だけれど

香りが無ければ
それも味わえない

ということなんですね。

 

そう

おいしく食べるには
香りが不可欠!!

 

ところで

最近では
おいしいトマトって言うと

トマトのお尻部分に
白い放射線状のしるしが
出ているものが有名なんだけど

以前ブログに書いたように
スターマークはそんなに
くっきり出てないけど

とにかく甘くて
おいしい香りがする
トマトっていうのもあるわけ。

「スターマークがあればおいしいトマト」だとは言い切れない!?これまでの目安が時に目安じゃなくなる時もある
トマトたちが発するさまざまなサインに耳を傾け、目をくばり、この子たちが持つ無限大の魅力を活かしてあげたいと思っています。

 

逆に

スターマークが
しっかり出てるけど

香りがほとんどしないトマト
っていうのもある。

 

そんなことを
以前SNSに書いたら

お客さまから

先日

いつも行ってるお店に

スターマークがしっかり

出てるトマトがあったから
買ってみたけど、

トマトの味が

全くしなかったです。。。

 

っていうコメントを
もらったんです。

 

私たちもお客さまに
トマトをお届けする時に

トマトたちに表れている
「おいしいしるし」
を手掛かりにして
詰め合わせています。

 

先ほどお伝えした
スターマークはもちろん

グリーンベースや
色味やハリ、艶などなど

おいしいしるしって
たくさんあるんですね。

 

その中でも
このしるしに関しては

絶対的なものだと
感じるものがあります。

 

それがまさに

香り」なんです。

 

もちろん

栽培方法や品種の違いも
それぞれだから
一概には言い切れないけれど

 

織田トマトに限って言えば

香りは嘘をつかない

って思ってる。

 

それくらい香りへの
信頼は高いです。

 

織田トマトでは
8月に植えた苗が

12月くらいには
実をつけはじめるんですが

年明けになると
一気にトマトハウス中が

トマトの甘くておいしい
香りで満ちています。

生トマトが苦手な妻の私ですが
この香りは格別!!

 

香りって
先ほどお伝えしたように

味の決め手になる
大事な要素ですが

気持ちへの作用も
こんなに大きいんだ!

って感じます。

 

お客さまに
お届けした時にも

いちばん最初に
喜んでくださるのが

箱を開けた瞬間に
中から飛び出す

トマトの芳醇な香り
なんです。

全国発送まであと約4ヶ月。

ぜひお楽しみに
お待ちいただけたら嬉しいです。

 

高知からまごころこめて。

 

トマトの魅力「色」について書いた記事はこちら↓

色が持つチカラを野菜で取り入れよう
鮮やかな野菜の色は見てるだけで元気になる!野菜の色が持つチカラを取り入れよう。

おいしいトマトのしるしについてはこちら↓

織田トマトのおいしいフルーツトマトの選び方
おいしいフルーツトマトってどんなもの?選び方のコツは?その疑問にお答えします。
織田トマト

夫はドラマー、妻は元化粧品会社勤務の農業ど素人夫婦が高知に移住し、トマト農家になりました。
高知の山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。
私たちの合言葉は「愛、無限大」。
自分を愛で満たし、自分の中にある無限の素晴らしい可能性に気づき、自分らしい輝く未来を謳歌されること
織田トマトを召し上がるみなさまがそんな人生を歩まれることをトマトを通して応援する応援団として、夫婦ふたりチカラをあわせています。

織田トマトの日々
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました