12月のトマトだからできることがある

織田トマトの日々

世の中に存在するものは
それぞれの役割がある。

トマトたちも今では
一年中見かける野菜ですが

その時期その時期の役割が
あると私は思っている。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

今日は今年最後のトマトたちの
発送でした!

 

 

って実はこうしてお客さまに
トマトを発送する年末は
トマト農家になってはじめてのこと。

 

これまで全国発送は1月以降から
スタートしていたんです。

 

というのも

フルーツトマトの収穫時期は
11月下旬から6月頃なんですが

その中でもこの時期が
太陽の日射量や日照時間が
一年の中で最も少なく

しっかり赤く熟れるまでに
とにかく時間がかかるんですね。

 

冬こそトマトの出番
昔はよく三大疾病とか 四大疾病って言葉を耳にしましたが 今では五大疾病と言われています。 何が加わって五大...

 

だけど

こうしてこの時期にトマトを
お届けしてみて感じるのは

この時期にはこの時期の
トマトたちの役割がある

ってこと。

 

例えば

先日初めて東京・表参道で
出店したマルシェ。

 

 

この日はクリスマス
ということもあり

道を歩いているのは
ほとんどが若いカップルばかり。

 

そんな若い恋人たちが
デートの最中に野菜を買うなんて
普通だったらしないですよね(笑)

 

でもね

この日は若いカップルの方々が
ちょこちょこトマトたちを
購入してくださいました。

 

それは

トマトって色合いからして
クリスマスカラーだし

なにより「愛」の象徴に
ピッタリなんですよ。

 

というのも

一年の中で最も太陽が降り注がない
トマトにとって最も厳しい環境の中で

じっくりじっくり
時間をかけて育ち

赤く熟れていくのが
この時期のトマトたち。

 

 

それこそ

カップルのおふたりだって

お付き合いを始めてから
いいことばっかりじゃなく

このクリスマスの日を迎えるまで
いろんな出来事があった
わけなんですよね。

 

そんないい時もそうじゃない時も
共にそれらを乗り越え
じっくり育んできたおふたりの愛。

 

その愛をこの時期のトマトに
重ねて感じてくださる。

 

そして

おふたりの愛のように
いろんなものを乗り越えてきたトマトを

聖夜の夜からふたりの共同作業で
更に追熟してから一緒に味わう

それを楽しみにして
購入してくださったんです。

 

 

そして

クリスマスが終わって
これからやってくるものと言えば
「年越し」ですよね。

この一年を感謝を込めて送り
新しい年を迎える。

その時に拝むものと言えば
元旦の初日の出。

 

 

 

私たちはトマト農家になって5年間
トマトを見続けているんですが

それこそ

太陽みたい!

って思うことがすごく多いんですよ。

 

そんな太陽のような
真っ赤なトマトで

新しい年を迎えるおめでたい時に
あなたの心とからだを照らしてほしい。

 

それに

織田トマトは何と言っても

運気が上がるトマト

ですから!

 

織田トマトは「運気が上がる」トマトです
私たちが思う「運気が上がる方法」を書きました。

 

お手元に届いたみなさまの
2022年の運気が更に爆上がりと
なりますこと間違いなし💛

 

そんなみなさまのご活躍や
笑顔溢れる毎日を

トマトを箱に詰めながら
ニマニマ想像している私です(笑)

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました