唯一無二の存在

好きなもの

世界にピアニストは
いっぱいいるけれど

「この人の音楽が聴きたい」

って心から思う唯一無二
のピアニスト

小曽根真さんの音楽に
今日は酔いしれました。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

今日は待ちに待った公演の日。

 

それは

ジャズピアニスト
小曽根真さんの高知公演。

 

 

小曽根さんは昨年還暦を迎え
現在、『OZONE60』と銘打った
公演を全国で行っています。

 

自分が育ててもらった場の未来に恩返しをしていく
音楽の輝く明日を創る次世代の若き才能を自ら盛り立て光を当てていく、小曽根真さんのそんな姿に感動しました。

↑昨年の「ブルーノート東京」
ライブ配信について書いたブログ

 

リアル公演はこれまた
最高で聴き入ったり涙したり。

 

特にアンコール2曲目の
チック・コリアの曲『Spain』
はもう涙腺崩壊ですね😢

 

↑小曽根さんの師であり
メンターであり最高の友人でもあった
世界的ジャズピアニスト

チック・コリアは希少がんのため
2021年2月9日にこの世を去りました

 

 

 

それにしても

小曽根さんの音楽の出逢いや
変遷がものすごく興味深い。

 

かいつまんで書くと

 

お父さまの影響でジャズに出逢い
ピアノを習い始め

その後

ディキシー・ジャズに魅了され
ハモンド・オルガンに転向

12歳でオスカー・ピーターソン
のピアノに出逢い
これまで嫌いだったピアノを始め

40歳を過ぎてモーツァルトの
音楽に魅了されて
嫌いだったクラシック音楽に挑戦し

奥さまがきっかけとなって
演劇や映画の世界と出逢う

 

ざっと書いただけでも
いろんなドラマがある。

 

でもね

これって今になって振り返れば
点と点が繋がったりするけど

当時は、周りも、当の本人も
想像だにしなかった生き方
をしてたりする。

 

そして

私が今日感動した音楽は
今日までの小曽根さんの
生き様そのまんまなんです。

 

 

だから

織田トマトを召し上がって
もしも心が動き
感動してくださる方がいるとしたら

 

それは

 

私たちの人生そのまんまが
表現されているからなんだ

 

って思う。

 

笑ったり泣いたり
喜んだり怒ったり

いっぱいチャレンジしてきた
私たちそのまんまのトマト。

 

だから

 

世界のどこを探してもここにしかない
唯一無二のトマトなんです

 

 

 

そして

全員から好かれなくてもいいし
認められなくてもいいから

あなたのそのトマトを探してた

って心から求めてくださる方と
出逢っていきたい。

 

そんなあなたとの出逢いを楽しみに
明日もブログを書きます。

 

 

高知からまごころこめて。

 

高知から細胞が喜ぶトマトをお届けします💛
織田トマト powered by BASE
【自分の人生をとことん楽しむ大人で溢れる世の中にする】これが私たち織田トマトのビジョンです。私たちはトマトたちに「ありがとう」「愛してる」と声をかけています。それは、この世の多くの大人が最も自分にかけてあげられていない言葉が、「ありがとう」「愛してる」だと思うからです。その言葉を浴び、その言葉のエネルギーが詰まったトマ...

https://odatomato.base.shop/

 

 

お知らせ

 

2月中旬から東京赤坂にある
Moss Cross Tokyo』さんの
朝食メニューに織田トマトが
ご一緒しています。

 

 

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました