実際に購入されたお客さまのSNSから知る織田トマトの楽しみ方

未分類
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

先日、ドラマーの村上“ポンタ”秀一さんの訃報が

ニュースで報じられました。

夫も大好きで尊敬するドラマーの1人だった

ポンタさん。

力強くソウルフルなリズムは、ポンタさん

亡き後も、ポンタさんが盛り上げた日本の

音楽業界で受け継がれていくことと思います。

織田トマトの楽しみ方として、真っ先に挙がるのが「そのまま」でお召し上がりになること。

丸かじりしたり、切ったトマトをサラダに加えたり、塩をかけたり。
お客さまの中でも多くの方がそのままの味わいを楽しんでくださっています。

そして、お客さまご自身がいろんな工夫やアイデアで楽しんでくださるのも、織田トマトの特徴かなと感じています。

今回は、実際にお客さまがSNSで発信されていた今シーズンの織田トマトの楽しみ方をまとめてみました。

カプレーゼやサラダ

https://twitter.com/aicoinoue/status/1364410304793219073?s=20

↑そうなんです!!

私も我が家のトマトたちの匂いを嗅ぐと、「ミートソースの匂いがする!!」っていつも思うんです。切ってお皿に盛り付ければ一品完成です♡

↑生の織田トマトの一品で人気な一品がカプレーゼ。
トマトの味わいがしっかりしてるから、チーズの味に埋もれずいいとこどりで楽しんでいただけます。見た目にもオシャレで楽しい一品です。

↑切ったトマトを玉ねぎやバジル、ブラックペッパーや生ハムでアレンジされた一品。
これはおつまみにも最高ですね☆
ココナッツオイルで作るトマトパスタは後半でも登場しますよー。

↑そう!切ったトマトに塩の組み合わせ。
一見シンプルでなんの変哲もないように感じるかもしれませんが、旨みが強い食材であるトマトと、その旨みをしっかり引き出す塩の組み合わせは最強です。
夫もこのおいしさにハマっております。

パスタ

↑長崎の「山のウエノ豚」のミンチとコラボしてくれたミートソース。
とっても嬉しいことに、Twitter上ではこうしたつながりを活かしたコラボ料理で楽しんでくださるお客さまも多くいらっしゃいます。

↑こちらも「山のウエノ豚」のオンラインショップ『まるごとん』のミンチとココナッツオイルで作るミートソース。
グツグツ言ってる音と湯気がたまりません!!
油でも出来上がった料理の味が全然違うということを、私自身がココナッツオイルを使いだしてから実感しています。

↑「キャンディ姫路」のhideさん考案のレシピで作るポモドーロ。
私も以前、hideさんがクラウドファンディングされた時に、このレシピがリターンにあり購入した人なんです!!

だから、このレシピのおいしさは実感してるからこそ、このポモドーロに織田トマトを使ってくれることがめちゃくちゃ嬉しいんです♡

ココナッツオイルとコラボしてくれたパスタ。
野菜もたっぷり食べられて食べ応え十分ですし、彩りも素敵です☆

このパスタを作ってくれたるみ姐さんは、ご自身の経験を通してモラハラ解決の専門家として活動されている方。

現在、女性のための自立支援のサポートをするNPO法人設立に向けクラウドファンディングに挑戦されています。

これまでのるみ姐さんの歩みを取材した記事はこちら

↑はい!もうこの美しさは料理なのか、スウィーツなのか!?と思ってしまうほど、盛り付けが美しい☆
私には一瞬、苺のモンブランに見えたくらいです。

この季節になって気温も少しずつ高くなると、冷たくて喉越しのいいパスタが美味しい季節になりますよね。そんな時にピッタリの一品です。

カレー

https://twitter.com/Akira1973T/status/1366497245185536001?s=20

↑カレーにトマトを加える楽しみ方もあるんですよー!!
織田トマトはただ甘いだけじゃなく適度な酸味もあるので、実はカレーにも合うんです♡

タラちゃんは、いろんなカレーとコラボしてくれるんですが、今回は呉海自カレーとコラボしてくれました。
私も2018年には実際に呉に行き、いくつかの呉海自カレーのお店で食べたことのある者としては、とっても嬉しいコラボです。

https://twitter.com/nao_178_mcz/status/1370228078174031874?s=20

↑インドではいろんなお料理に生トマトを使うから各ご家庭では必ずトマトがストックされていると聞いたことがあるんですが、バターチキンカレーにも織田トマトは合うんです。

バターチキンカレーは適度なトマトの酸味が必須!!

一般的な大玉トマトだと水分が多く味が薄くなることもあるので、私も我が家のトマトがオフシーズンの時は市販のトマトピューレで作りますが、我が家のトマトがある季節(12月~5月)は、我が家のトマトで作ります。

ごはんもの

https://twitter.com/dori129771/status/1366229640407179264?s=20

↑こちらの一品は、『大きなフルーツ太陽』で作ってくださったトマトリゾット。
この大きなフルーツ太陽は、無水トマトカレーやトマトスープ作りにもピッタリ。

私も自宅ではこの大きめサイズのトマトでトマトスープをよく作ります。
もちろん、そのままスープとして飲むのもおいしいですが、リゾットやうどんなどアレンジが効いて重宝するんです。

このリゾットにチーズを加えてもまたおいしいですね~♡

https://twitter.com/nao_178_mcz/status/1368935793998241792?s=20

↑織田トマトで作るお料理の中でおすすめの一品を上げるなら、ココナッツオイルで作る『絶品トマトパスタ』。

これには、夫と2人、衝撃を受けました。
今でもその時の衝撃が織田家で語り継がれています(笑)

この絶品トマトパスタの残り汁を使ったリゾット!!
一度で二度楽しめるとはまさにこのことですね。

↑材料を炊飯器に入れるだけのお手軽料理。
なのに、おいしくできちゃう炊き込みごはん♡

これはもうありがたいやら嬉しいやら!!

炊き込みごはんって、なんだかちょっと特別で食卓に出てくると嬉しくなっちゃう、そんなお料理じゃないかと思うんです。
それがこんなに簡単にできるんですから、ぜひとも作りたい一品です。

そのほか

↑これはですね、もうごはんがいくらあっても足りません!!
そのくらいおいしくてご飯が進む一品です。

私もエビチリは大好物なんですが、中華のエビチリとはまた違ったトマトを存分に味わえるものなんです。

そして、このエビチリに欠かせないのがココナッツオイル
とにかく、ココナッツオイルがあれば織田トマトは大体おいしく出来上がるんじゃないかと(笑)

それくらい言っても過言ではない、織田家にとってもココナッツオイルは今や欠かせないものになっています。

 

以上、今シーズンのお客さまの実録お料理レポでした。

また、今後もお客さまから寄せられたおいしい楽しみ方をこちらでご案内していきます。

織田トマトを何度も味わってくださっているお客さまも、これから味わってみたいと感じてくださっている方も、ぜひご参考にして楽しんでもらえたら嬉しいです。

織田トマトのおいしい食べ方についてご興味がある方はこちらもどうぞ。

トマト農家のお気に入りトマト料理①ココナッツオイルでつくる『絶品トマトパスタ』
トマト農家が何度もリピートするお気に入りにトマト料理をご紹介。今回紹介するのは、ココナッツオイルでつくる『絶品トマトパスタ』。シンプルな材料、しかもお肉を使わないのに濃厚でコクのある味わいは衝撃かつ病みつきになっちゃいます。揃える食材も少なく、工程も簡単なのでついつい出番が多くなっちゃうトマト料理です。
生トマトが好きな人も苦手な人にもおすすめしたい!!加熱した織田トマトの世界
織田トマトは生で食べるのはもちろん、加熱して食べるのもオススメです。料理することでフルーツトマト特有の硬めの皮も柔らかくなり、様々な素材と融合するあの姿はぜひとも体験してほしい!!加熱トマトの世界へあなたをいざないます。
トマト農家のお気に入りトマト料理②『和風ドライカレー』
織田トマトを使って作ったドライカレーです。たまねぎ、ニンジンなどと一緒にトマトを炒めて作ります。水分を絞って育てた織田トマトは、煮詰めて作るお料理にピッタリ。水分を飛ばす工程の時短にもなります。しっかりした味わいで夏バテしやすく食欲がなくなる時期にもこれで元気をもらってハウスでがんばれるんです。
トマト農家のお気に入りトマト料理③簡単でオシャレなスペイン料理『パンコントマテ』
トマト農家お気に入りのトマト料理『パンコントマテ』。スペイン・カルターニャ地方の名物料理です。簡単でオシャレでおいしいの三拍子そろった料理。ワインにピッタリのおつまみですが、おつまみの域を超えるほど満足度の高い一品です。
ドライトマトになった織田トマトと対面!新たな一面を発見しました
「もう既に知っている」じゃなく、「他にどんな素晴らしい可能性を秘めているんだろう」という視点でトマトたちと向き合っていこうと心新たにしました。
織田トマトをおいしく食べるためにおすすめの食材。それは「塩」です
塩やココナッツオイルなどなど。おいしい食材との出会いで私たちも我が子の更なる魅力を知る機会をいただいています。
織田トマト

【夫:織田康嗣】
高知県立高知東高等学校卒 

2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導にも従事

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

未分類
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました